自転車と人

損害保険

子どもと工具

ベーシックな保険

自転車保険の中でもかなりベーシックな保険と言われているのが損害保険です。
この自転車保険であれば、自転車総合保険のような自転車に特化したことに限らず、偶然な事故や怪我を手厚く補償してくれます。
基本的な補償内容としては、死亡や後遺障害に加えて、病院への通院入院があり、自転車総合保険と大きな違いはありません。
しかしながら、治療費や入院費の補償が自転車総合保険に比べるとかなり大きいです。
また、その他のオプションコースを追加することによって、もし事故を起こしてしまった時の賠償責任も補償の対象になる場合があります。
自転車事故が起こるときには、怪我がつきものとされているので、自転車保険に入るときには損害保険に入っておくと良いでしょう。

幅広く補償

損害保険はなんといっても、そのコースや特約がかなり充実している点にあります。
もし月々の保険料が負担になるのであれば、支払う保険料を下げて、補償の範囲を狭めることも可能です。
逆も同じで、もし自転車に乗る頻度が増えたのであれば、補償内容を広げることもできます。
自転車とはいえ、自動車と同様の移動手段を目的として利用する人は多いので、自動車保険にあたりまえに入るように、自転車保険に入ることが大切です。
損害保険は保険料も少し高くなりますが、その他の自転車保険に比べると補償の範囲が広くなるのが特徴です。
また、損害保険の場合は、海外で自転車による怪我や事故が発生した時も補償を受けることができます。
海外での賠償責任については、オプションで追加する必要があり、場合によっては海外の賠償責任補償がないこともあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。