自転車と人

自転車総合保険

自転車と夜

自転車に特化

自転車保険の中でも自転車総合保険と呼ばれる保険は、自転車にまつわる事故全般の保険を補償してくれます。
この場合であれば、一般的な損害保険よりもより細かい部分まで自転車事故に対応しているので、損害保険に入っている場合でもさらに自転車総合保険に入ることでより安心できます。
自転車に載っている時に生じた怪我はこの自動車保険で対応してくれます。
怪我の場合であれば、死亡や後遺障害の身体的な部分に加えて、事故によって通院や入院が必要になった場合でもその費用を補償してくれます。
もし、日頃自動車よりも自転車に乗る機会が多いのであれば、自転車保険の中でも自転車総合保険に入っておくと、事故が発生しても多くの補償を受けることが可能です。

特徴がある

自転車総合保険の場合、他のものに比べるとかなり安いのが特徴です。
通常、傷害保険などの場合であれば、月々数千円かかることがほとんどですが、自転車総合保険の場合であれば年間で4千円前後とかなり安いです。
月々であれば300円から400円程度で済むことがほとんどなので、できるだけ入っておくのが良いでしょう。
この自転車保険の場合、日本国内での事故に限定されるので、海外で自転車に乗る際は別の保険に加入しましょう。
最近では保険費用が安いことが原因で、自転車総合保険を廃止して損害保険だけにするというところも増えてきています。
自転車保険の中でも安く多くの補償が受けられる自転車総合保険を見つけたのであれば、早いうちに加入しておく方が良いでしょう。